ワタシがお絵かき始めたい方へ、模写から始めたほうがいいという3つの理由 その3

この記事は約10分で読めます。

みなさん、おはこんばんちわ~

ろむりっくと申します

アシスタントのパステルでっす

今回は、前回の続き!

前回は、コチラになりま~す

「初音ミク」をアナログで描いてみた。模写じゃないよ。あとワタシがお絵かき始めたい方へ、模写から始めたほうがいいという3つの理由 その2
みなさん、おはこんばんちわ~ろむりっくと申します前回の続き。お絵かき始めたいって方が、最初にやり始めるのは何がいいか?個人的な考えですけど。経験上、ズバリ言わせてもらうと。...

ワタシの考えではあるけれど。

最初に取り掛かるのであれば

なぜ、『模写』がよいのか?

その理由を3つ紹介します。

あ、そうそう。

ワタシが言ってる『模写』は、

モニター画面に映し出されたり、本とかに載ったりしているイラストを見ながら、

手元の紙とかに同じように描く練習法のコトなので!

印刷されたイラストの上に紙を敷いて、

なぞり描きするのは『トレース』なので。

『模写』と『トレース』は別物です!

混同しないように、お願いします。

もちろん、今回オススメしている練習法は『模写』の方です。

その3つとは。

楽しく描ける!

②満足感が得られる。

③お絵かき耐久力が身につく。

この3つです!

そして3つ目の③「お絵かき耐久力が身につく」

耐久力?

そう。お絵かきで一つの作品を描きあげるのって、すっごく時間がかかるから。

最後まで、書きあげる❗ っていう途中で投げ出さない心構えというか。

それだけのチカラが必要とおもうのよ~。

完璧じゃなくてもいいけど、「ここまでは描く」っていうラインを決めて。

完成まで描きあげた作品は、描いた後は自分でもよく頑張ったと思える作品になるよ。

そしてコレを繰り返しているうちに、1枚の絵を完成させるだけの耐久力や。完成するまでつづける継続力。持久力なんかも身につくと思います。

何回も描く必要はあるけど、

だんだんと慣れてきてちょっとずつ時間も短縮されてくるしね。

ほむほむ、なるほど~。

じゃあ、まずアタシは。

大好きな鬼滅の煉獄さんを模写してみよっかな♪

うん。

ワタシも、好きなキャラの模写から始めたからね~。

最初のうちは、ワタシは「描く楽しさ」

だけ考えて書いたほうがいいと思っているので。

あまり深く考えずに、とりあえず描いてみるのが大事だと思うよ。

ちなみにろむちゃんは、

何枚くらい模写したの?

2年間で100枚以上は模写したよ。

うぉう・・・。100枚かぁ・・・。

あ、そうそう。

気持ちはわかるけど、描いた模写はTwitterとかのSNSにあげちゃダメだよ。

著作権違法とかに、なっちゃうからね。

なので、ワタシもここに載せたい気持ちはやまやまなんだけど。

そこら編があるから載せれないのですよ。

これは、模写をアレンジしたものだから、コレならセーフかも・・・?(汗)

『それでも歩は寄せてくる』ってマンガの「凜」ちゃんっていう、キャラクターで~す

よーし。わかった~。

頑張るね!

と、いうわけで。

最初は模写から始めたほうがいいと思う3つの理由。

でした~!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

また、次回!!

ブログランキング登録してます!

応援! 登録!  Twitterフォロー!

よろしくお願いします!

にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
にほんブログ村
イラストランキング

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました